気分良く泳ぐ兄弟と壊れた自動販売機

星空と滝とつむじ風
生きていく上で、「発泡酒」のポジションって、どうなんだろう。無関係って思える?「歌手」は、君にとって何なんだろう。<ヘッダー>

自信を持って叫ぶ彼と季節はずれの雪

釣りの師匠がこのところ朝から釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
サバゴがうんざりするほどいて、チヌ釣りがしにくかったらしい。
けれども外道だがイノコの50cmクラスが釣れたらしいから、いいなと思う。
昔、もらってさばいて口に入れたがすごく美味だった。
そんなのがいると話を聞いたら興奮して早く行きたくなるが、もう少し我慢して今度だ。

ひんやりした火曜の夜明けに焼酎を
アンパンマンは、小さな子に気に入られる番組だけれど非常に暴力的のように見える。
番組のラストは、アンパンチとばいきんまんをぼこぼこにして解決する時が大変多い。
子供にもすごく悪影響だと私には思える。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、そんなにいじわるをしていない話の時でもぶん殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見つけたら、やめろといいながらすぐに殴りかかっている。
わけを聞くわけでもない。
話をするわけでもない。
ただ、殴って終わりにするからいつになっても変わらず改心せず、いつも同じだ。
たぶん原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

気持ち良さそうに口笛を吹く妹とあられ雲

友人のちかこは頭がキレる。
頭が良いんだろうなーと思わされる。
とりあえず他者を裁いたりはしない。
ん?と思っても、まずは相手の考えも酌む。
そうしているうちに、許容範囲が広がるし、強くなるのだ。
考えを押しとおす事より、こうしている方がチカコにとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、経験を自分のものにする方法をよーく理解している。

月が見える土曜の夕暮れは料理を
タイムイズマネーというのは、素晴らしいセンテンスで、ダラダラしていると、実際にあっと言う間に時間が無くなる。
もーっと、さらりと仕事も業務日報も終わらせることが出来れば、他の事の方に時を回すのに。
例えば、ジムに行ったり、料理をしたり、週刊誌を手に取ったり。
そう考えて、ここしばらく、てきぱき取り掛かろうと心がけているが、何日頑張れるのか。

暑い水曜の午後に目を閉じて

銀座の水商売の女性を見ていると、プロ意識が高いなと思う。
それは、キメキメの外見、マナー、そのための努力。
お客さんに完璧に勘違いをしてもらわないで、仕事だと分かってもらいながら、また店に来てもらう。
そして、もしかするとこのお姉さん、自分に本気なのかな?と思ってもらう。
バランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
それよりも、私はとにかくホステスさんたちの月給が凄く知りたい。

薄暗い週末の夕暮れはゆっくりと
私は、肌が弱く、化粧はもちろん使用できないし、洗顔石鹸も限定されている。
どうしようもないので、果実や飲み薬のパワーにお任せになっているが、ここ最近摂取しているのがコラーゲンだ。
コーヒーに混ぜて、毎朝習慣にしているけれど、ちょっとは素肌がつやつやになった。
その上、実行してから実感するまで即効性があったので、感心した。

湿気の多い平日の朝にカクテルを

笑顔って魅力的だなーと思うので、なるべく笑顔で話すようにしている。
もちろん、場所と場合を考えて。
でも、周りに強制してはダメ。
つまり、一概には言えないが、個人的な価値観として。
先ほどまで真剣な顔で必死で商談をこなしていた人が、ほころばせたその瞬間。
すごーく大好き。
笑い皺ができる人がタイプ!と話す友人。
気持ちも分かるかもしれない。

暑い月曜の晩に焼酎を
南九州の老年期の人は、その日その日、生花を墓前にしているから、ゆえに、花が一杯必要で、菊農家も山ほどいる。
夜更けに、車で爆走していると、電照菊のライトがしきりに夜更けに、車で爆走していると、電照菊のライトがしきりに目にとびこむ。
民家の光源はとっても少ない農村なのに、菊の為の電灯はちょくちょく目に触れる。
菊の為の光はよく視野にはいってきても人の往来はものすごくちょっとで街灯のライトも非常にわずかで、危険なので、高校生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

どしゃ降りの平日の明け方は昔を懐かしむ

浜辺が非常に近く、サーフィンのメッカとしてもめちゃめちゃ有名なスポットの近所に住んでいます。
そうなので、サーフィンをしたことがある方は大変多くいて、仕事の前に朝ちょこっとでも行くという人もいます。
そのように、サーフィンをしに行く方々が多数いるので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方もとってもあったのですが、いつも断っていた。
なぜかというと、俺が、運動神経が悪く、泳げないからです。
それでも、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、波乗りしてみたけれど行った場所は初心者じゃない人が行く場所で、テトラポッドが周りに広がっていて、波乗りのスペースがごく狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

一生懸命歌う弟と突風
買いととのえた布で、幼稚園に通い始めるわが子の入れ物を裁縫しなくてはならない。
まあ妻が作成するんだけど、しかし、俺もいやではないので、大変そうだったら役割分担をしてやってみようと考えている。
指定のものを入れる何かが園に行くためにいるみたいだ。
ミシンもようやく家に届いた。
使った感じもみてみようと思う。

サイトカテゴリ