気持ち良さそうに自転車をこぐあなたと失くしたストラップ

星空と滝とつむじ風
日々の生活の中で、「画家」の立ち位置ってどうなんだろう。どうでもいいって思える?「オレンジジュース」は、あなたにとってどんな意味があるんだろう。<ヘッダー>

月が見える月曜の午前は座ったままで

とある夜遅く、私は恋人と、東京のアパートからから一般道を利用し、逗子海岸に行ってみた。
理由は、私の一眼レフのカメラで海岸を撮影するためだったけれど、思うように映らない。
海辺は久しぶりだったので、写真に飽きるとサンダルを脱いで海に入りはじめた。
それにも飽きて、浜辺で棒崩しをして遊びはじめた。
その時位までは、確実に近くにあったキャノンのデジタル一眼。
しっかり遊んで、帰宅最中、GSで一眼レフが鞄に入っていない事にびっくりした。
しょうがないと思い家まで帰ったけれど、少しの間、最高に切なくなった記憶がある。
多くの記録が入っていたあのデジタル一眼、現在はどこにいるんだろう?

雪の降る大安の夜に散歩を
関東でも江戸の頃から華やいでいる町が、台東区浅草。
その中で古い仏様が浅草寺。
そこそこ近頃、参拝に行ってきた。
久々に向かう東京都の浅草参拝。
再度、自分の目できちんと見て理解したことが、外国からのお客様が多いということ。
いろんな国より観光客が来るここ浅草、少し前よりどう見ても増えている。
そもそも、世界で一番の電波塔である、スカイツリー完成の関係もあると考えられる。
アジアからは、ビッグバードハブ化でアクセスが良くなったという事から、プラス、ヨーロッパの方や欧米からは、着物や和装小物に魅力を感じて来ているお客様が多数だと感じる。
とにかく、この先の未来もたくさんの外国人観光客がやってくるということを予想した。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私は、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん購入して、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派なご本堂が見える。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、工事を行ったという。
浅草寺で秘仏の観音様に日々の健康に感謝し手を合わせた
努力がこれから先どこかで実りますように。

どしゃ降りの水曜の午後に散歩を

湾の近くに自分たちは、家があるので、近くで地震があった場合の津波を祖母が気をもんでくれている。
ことのほか東北大震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか小高い位置は手近に存在するのかとか言ってくる。
妻と私も怖いのだけど、しかし、簡単に金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
ただ、誠に高波がやってくるとなった時に逃走するコースを見つけていないといけないとそう思う、だけど、堤防近くしか道がないので、ちゃんと想像したら怖いとわかった。

勢いで踊る友達と私
何でも一個の好きなことを、ひたむきにコツコツ続けている人に憧れを抱く。
スキーだったり、絵画でも、とても目立たない分野でも
例年通り一度だけでも、幼馴染の仲間と、いつもの温泉旅館に泊まる!という習慣なども良いと思う。
コツコツ一個の事を続ければ、いつかは実用までたどり着くことがあるかもしれない。
わたしは、小さな時にピアノと油絵を教わっていたが、もっと頑張ればよかったな。
こう感じるのは、部屋のはしっこにに母に貰ったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一回弾けるようになりたいと思っている。

よく晴れた金曜の夜明けに目を閉じて

友達が、自分の部屋のベランダにて、ミニトマトを育てている。
実がなったら野菜サラダを作ってみたいらしい。
彼女は、しょっちゅう水分を与えないし、ベランダで煙草をふかすので、トマトの環境は全然良い環境ではない。
1日、何もあげなかったという時期の、ミニトマトの様子は、緑色の葉が垂れ下がっていて、どことなくがっかりしているシルエットに激似だ。
気の毒だったので、水分を多くあたえると、翌日の早朝のトマトは元気に復活していた。

陽の見えない休日の朝に料理を
仕事で着用するパンツスーツを購入しに向かった。
コムサでモード等フォーマルなお店もいいな〜と悩んだけれどギャル系のお店も良いと思う。
若々しくてはつらつとした女性服のファッションビルで、体のラインが出る製品が多数。
金額は店によって差が出るが、なんとなく安価。
そこで、購入する物を探していたが、小さめの物が多く売られていた。
着た感じも、少しは色っぽく見える気もする。
なかなか素敵なスーツ購入が達成できて、とても満足した。

薄暗い金曜の夜に冷酒を

今日の夜は家族と外食なので、少年はウキウキワクワクしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろとシミュレーションしていた。
ハンバーグやカレーライス、天ぷらうどんやざる蕎麦、なんてメニュー表にはどんな物があるのかと想像していた。
今回は先日開店したファミリーレストランだ。
お父さんが運転してくれている車はもうお店に到着する頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉ちゃんは少年の横で、イヤホンで音楽を聴いている。
少年は車から降りると、ワクワクしながら、入り口を真っ先に開けた。

雨が降る木曜の晩に散歩を
ビールなど、アルコールのお供に、ぜひ体に良い物を!と考えている。
ロングヒットなおつまみはニンニク。
もっと前はさんま。
それにも飽きて、近頃は、鰻だけれど、少々高めなのであきらめた。
今日、新しいレシピを考案した。
スーパーで90円くらいのエリンギ。
小さく切って、オリーブオイルで炒めて、みりんと塩コショウを適量使用し味を調えたもの。
大分料金は低め、KCALも低い気がしませんか。

騒がしく跳ねる兄弟と濡れたTシャツ

少年は今日、小学校の給食当番だった。
帽子とマスクを着け、白い割烹着を着て、他の給食係たちと、今日の給食を取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツみたいに蓋付きの大きな鍋に入ったスープもあった。
少年は、一番重い瓶入り牛乳は、男が運ぶべきだろう、と考えていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
牛乳は重いので女子に持たせたくはなかったけど、同じクラスで前から気になっているフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、そのまま2人で牛乳を持つことにした。

勢いで吠える兄さんと俺
いまどき珍しく、私の部屋は、冷房も暖房器具も設置されていない。
よって、扇風機と冷やしたボトルを片手に仕事をする。
つい最近、扇風機を移動させようと思いつき、回したまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の歯が止まったので「え・・・?」と思い,手元を見た。
なんと、動きをストップさせているのは、正しく自分の薬指だった。
ゆっくり抜くと、また元気に回り始め、邪魔をしていたその指からは血が出てきた。
痛いと感じる間もなかったが、注意しようと心に留めた。

サイトカテゴリ